取り扱い用紙についての説明ページ アイキャッチ

取り扱い用紙について

紙の表記について

用紙は 種類+kg(厚み)で表記しています。(例:コート135kg、マット90kg)



紙の「kg」って何?

この「kg』とは印刷用紙を四六判(788×1091mm)という原紙サイズで1000枚(= 1連)積み上げたときの重さのことです。印刷業界ではこの重さを“連量(れんりょう)”と呼んでいます。
※「kg」が重くなるほど用紙の厚みも厚くなるので、用紙の厚さを測る目安になりますが、紙の種類によって若干の違いがでてきます。



取り扱い用紙の種類

◇コート紙

印刷時に光沢があり彩度が高くカラーの再現性に優れています。両面にコート剤を薄く塗布しているため発色は優れていますが、 ボールペンなどの印字やシャチハタのインキなどの着肉には適していません。紙白色はどちらかというと青系です。 印刷用紙のなかで最も多様性に優れ、幅広く使われている、品質や価格的にもおすすめの紙です。

紙質 光沢
色味 やや青
インクの乾き 早い
連量 紙厚 500枚分 備考
55kg 48μ 約24mm 新聞折り込みチラシに使われる非常に薄い用紙です。
63kg 55μ 約28mm 新聞折り込みチラシに使われる薄い用紙です。
73kg 60μ 約30mm 頁数の多い冊子などに使われています。
90kg 75μ 約38mm 薄めのフライヤーや折り加工のあるリーフレット、ページ数のやや多い冊子などに使われています。
110kg 100μ 約50mm フライヤーやパンフレットなど使い勝手の良い厚みです。
135kg 125μ 約63mm 頁数の少ない冊子やポスターで一般的によく使われる厚さです。
180kg 210μ 約105mm ポストカードや名刺、冊子の表紙などに利用されます。厚さは一般的な官製ハガキより若干薄目です。
225kg 270μ 約135mm しっかりとしたポストカードや名刺、冊子の表紙などに利用されます。

※紙厚数値は、実験値であり保証値ではありません。



◇マット紙

表面処理によって光沢を抑えたマット調の紙です。独特の落ち着いた風合いでしっとりと高級感あるイメージに仕上がります。 白紙部の光沢は少ないですが、印刷面は光沢があり彩度もあまり落ちません。ただし、この用紙の難点は印刷後のインキの乾きが遅いことです。 丸2日乾燥させたとしても、印刷部分を白い紙に擦りつけるとインキが付着してしまいます。 インキを多量に使用するようなデザインやインキの総容量(CMYKでのかけあわせ)で300%を越えるようなベタの多いデザインでは、 裏移りの可能性がありますのでお避けください。

紙質 マット調
色味 やや黄
インクの乾き 遅い
連量 紙厚 500枚分 備考
55kg 約30mm 新聞折り込みチラシに使われる非常に薄い用紙です。
70kg 約40mm 新聞折り込みチラシに使われる薄い用紙です。頁数の多い冊子などに使われています。
90kg 10μ 約50mm 薄めのフライヤーや折り加工のあるリーフレット、ページ数のやや多い冊子などに使われています。
110kg 13μ 約65mm フライヤーやパンフレットなど使い勝手の良い厚みです。
135kg 16μ 約80mm 頁数の少ない冊子やポスターで一般的によく使われる厚さです。
180kg 21μ 約105mm ポストカードや名刺、冊子の表紙などに利用されます。厚さは一般的な官製ハガキより若干薄目です。
220kg 27μ 約135mm しっかりとしたポストカードや名刺、冊子の表紙などに利用されます。

※紙厚数値は、実験値であり保証値ではありません。



◇上質紙

コピー用紙とほぼ同等の風合いで、ページ数の多い冊子の本文(写真等があまり多くない)に使う場合が多い紙です。 上質紙は塗工処理されていないためにコート紙のように光沢はなく、紙表面の平滑度も高くありません。 したがって印刷仕上がりの彩度はコート紙やマットコート紙などの塗工処理を施された紙に比較すると落ちます。 また、この用紙の難点は印刷後のインキの乾きが遅いことです。丸2日乾燥させたとしても、印刷部分を白い紙に擦りつけると、インキが付着してしまいます。 インキの総容量(CMYKでのかけあわせ)で300%を越えるようなベタの多いデザインでは、裏移りの可能性がありますのでお避けください。

紙質 少しマット
色味 やや黄
インクの乾き 遅い
連量 紙厚 500枚分 備考
55kg 約35mm 新聞折り込みチラシに使われる非常に薄い用紙です。
70kg 8.5μ 約42.5mm ページ数の多い冊子の本文などに使われています。
90kg 11μ 約55mm 薄めのフライヤーや折り加工のあるリーフレット、ページ数の少ない冊子の本文などに使われています。
110kg 14.5μ 約72.5mm フライヤーやパンフレットなど使い勝手の良い厚みです。
135kg 17.5μ 約87.5mm ポスターで一般的によく使われる厚さです。
180kg 22μ 約110mm 厚さは一般的な官製ハガキぐらいの厚みです。
220kg 27μ 約135mm しっかりとしたポストカードや名刺、冊子の表紙などに利用されます。

※紙厚数値は、実験値であり保証値ではありません。

お問い合わせ番号:0776-21-7039 メールはこちらをクリック